ILO申立4団体主催の8月30日集会 案内

 ILO申立4団体主催のオンライン集会を8月30日に行いますので、ご案内いたします。場所は東京、コロナ禍のただ中ですので、今回、リアル集会は中止し、オンライン集会に切り替えます。

 なくそう!官製ワーキングプア集会の東京または大阪集会に参加された皆さまには今さらのことですが、ご存知のように2017年5月に地方公務員法が改定され、今年2020年4月1日に施行されたことで、約22万人の特別職非常勤嘱託職員から、日本政府は、スト権を含む労働基本権を一方的に剥奪しました。とりわけ、公務職場で長年にわたって労働条件の改善を勝ち取ってきた労働組合法上の私たち労働組合は、これまで通り闘うことに掣肘が加えられ、あるいは存在することすら困難になりました。

 これに対し、私たち申立4団体は2017年5月、「ILO結社の自由委員会」に申立を行い、更に「ILO専門家委員会」にも要望書を提出しました。この闘いの成果として、改定法施行を目前にした今年2020年3月、「ILO専門家委員会」は「労働基本権を奪わないように」との見解を、日本政府に対し発表しました。

 私たちは、この成果を多くの方々、とりわけ労働基本権を奪われた旧制度下の特別職非常勤職員が加入している労組法上の地域労働組合の方々と共有するため、オンライン集会を行うことにいたします。そして、さらなる一歩を踏み出していきたい、と考えています。
 どうか、ご注目いただき、もし、可能であればオンライン集会にご参加いただくようお願いいたします。

 また、翌8月31日には、さらなる一歩の一環として、申立て4労組による三省庁(総務省・厚生労働省・外務省)に対する要請行動を取りくみます。「ILO専門家委員会」の見解が示されたにも関わらず、一向に誠実な態度を示そうとしない日本政府の姿勢を更に問い質すためですので、是非この要請行動もご注目いただくようお願いいたします。

8月30日「ILO報告オンライン集会」の要項

【日時】2020年8月30日(日)
   14時開始~16時終了予定

【集会内容】
1、基調報告:連帯・杉並
2、取組報告
   連帯・板橋区パート
   あぱけん、らくだ
  申立時の弁護士

3、記念講演
  金沢大学准教授 早津裕貴氏
4、質疑・意見交換

【申し込み方法】


下記の申し込みフォームからお願いします
https://forms.gle/D2y2o7ThPfoxFo9V9 https://forms.gle/D2y2o7ThPfoxFo9V9

※グーグルフォームに記入したくない方(または技術的にできない方)は、別途、参加のためのURLを送りますので、下記の連帯・杉並の木下さんまで直接メールでご確認いただくか、電話の場合は連帯・杉並の安田さんまでご連絡ください。

〇連帯労働者組合・杉並(木下)
rentai.suginami@gmail.com rentai.suginami@gmail.com
〇電話問合せ(安田)
 080 6775 1743

【主催・申立4労組】
連帯・杉並、ユニオンらくだ、連帯・板橋区パート、あぱけん神戸

ILO申し立てから三年、「専門家委員会報告書」を勝ち取る

別記の通りです!

2017年5月の申立から足掛け3年、私たちの取り組みがようやく結実しました。昨年、ILOの専門家委員会に「意見書」を提出していました。今年2020年2月13日付で「2020年専門家委員会報告書」が公表されました。その中で、初めて日本の非正規公務員の労働基本権問題を、申立4組合の名称を入れて取り上げられました。  

全国の自治体に勤務して来た多くの「非常勤嘱託職員」たち(約60万人ほど)のほとんどは、正規職公務員と違い、労働組合法・労働委員会制度適用になっていました。それを活用しこれまで活動してきた労働組合 は いくつもあります。あぱけん神戸もそうです。かって加古川市文化センター図書館で20年以上もの長期年、臨時職員として勤務していた女性司書8人のほか、多数のパート職員が、一斉に雇い止め解雇された時、加古川市教育委員会から職員団体ではないからとの理由で団交拒否された苦い経験をしました。(参考:加古川市による臨時職員解雇事件

しかし、今年4月から地方公務員法が改「正」されました。今まで法的位置づけがいいかげんだった非正規公務員の制度が、「会計年度任用職員制度」に移行させられました。それに基づき、労働組合法適用から、労働基本権が侵害される「職員」の身分に変えられてしましました。

このことについての、私たちの異議申立に対して、このたびILO専門家委員会報告書で取り上げられました。画期的な内容ですので、以下、その一部を紹介し、賛同協力いただいた多くの皆さんとともに、この成果を今後に生かしていきたいと思います。

なくそう 官製ワーキングプア 大阪集会Vol.6


 2017.9.23 
「なくそう!官製ワーキングプア第5回大阪集会」を開催しました  チラシ

☆あぱけん神戸も主催者実行委員会に参加しています。

◇9月23日(土・祝)10:00~16:40 エルおおさか 南館5階ホール ほか 参加資料代:500円

■分科会(10:00~12:00)

①官製ワーキングプア入門編

 今回は改定された地方公務員法、地方自治法を中心に解説します。自治体議員もこちらにご参加ください

②労働基本権問題

 改正法により労働組合解散問題が浮上、ILO提訴などの事例を取り上げます。 「あぱけん神戸」も提訴しています。

③闘いの報告と交流

 雇い止め、労働契約法20条訴訟など原告の報告を中心に行います

④韓国に学ぶ

 ソウル市と新政権の画期的な労働政策の詳細を報告します。

■全体会(13:00~16:40)

①リレートーク 「たたかいの現場から」

②「地公法・地方自治法改正と総務省通知・マニュアル」

  (解説:上林陽治さん)

③パネルディスカッション

 「これからの非正規公務員」(竹信三恵子さん、増田京子箕面市議、公務労働者(特別職・一般職)、弁護士)

④ソウル市調査報告

 「進む正規職化、激動する韓国に学ぶ」(妹尾知則龍谷大非常勤講師)

⑤総括コメント

  (森岡孝二関西大名誉教授)